児童・生徒の習熟度を把握することで、教育現場では総まとめテストや入試に向けてより適切な指導が可能となります。また、家庭においてはより的確な教育支援を行うツールとして、お役立ていただけます。