テスト概要

TOFAS概要
受検日・時間
第1回検定:2021年3月21日(日) 10:00~19:00
※上記日時は日本時間です
※上記日時に専用サイトへログインし、受検が可能です
申込期間
2021年3月17日(水)まで
申込みページへ
基本情報
対象科目:計算 検定時間:40分 
問題数:100問 合格ライン:正答率80%以上
出題形式:4つの選択肢から、回答を選択する形式
必要な物:PCまたはタブレット、受検情報が示されたメール、計算用紙、筆記用具
受検結果:受検日の7日後以降にメールを配信。Web上で結果の閲覧が可能
レベル別詳細
出題範囲 学年目安 受検料
レベル4 展開・因数分解・
平方根・
二次方程式 まで
中3
レベル3 正負の数・多項式・
一次方程式・
連立方程式 まで
中1,2
レベル2 分数・小数のたし算・
ひき算・
かけ算・
わり算 まで
小5,6
レベル1 整数のたし算・
ひき算・かけ算・
わり算 まで
小3,4
推奨環境
PC
Windows:7・8.1・10
 次のブラウザの最新版に対応:Google Chrome・Microsoft Edge
MacOS:AppleのOSサポートに準拠
 次のブラウザの最新版に対応:Safari・Google Chrome
タブレット
Android:OS6.0以上
 次のブラウザの最新版に対応:Google Chrome
iOS(iPadOS):AppleのOSサポートに準拠
 次のブラウザの最新版に対応:Safari
基礎学力がなぜ必要か?
教育を受ける日本の子ども達の環境は大きく変わりつつあります。外国語や道徳の教科化、プログラミング教育の必修化等、学ぶべき対象が拡大されました。また、教科横断的な手法であるSTEAM教育や、能動的な学習を目指す学び合い等、新たな学習手法の必要性も叫ばれています。さらには、ICTの発展を踏まえたGIGAスクール構想を背景に、タブレット活用等、学ぶ手段の多様化も進んでいます。
これら教育における、What(何を学ぶか)およびHow(どのように学ぶか)の変化を受け止めるためには、学力の根底を成し、全ての学力の土台となる「基礎学力」が不可欠であり、その重要性がますます高まるものと考えております。