TOFASとは?

TOFASは、基礎学力を「評価」する検定です。インターネット環境のあるご自宅で、PCまたはタブレットを使い受検いただけます。レベル1~4それぞれ100問を40分で解き、合否を判定します。今回は算数・数学の基礎となる「計算」を対象科目とし、日本・アメリカを含む世界複数国で実施します。また今後、対象科目を広げていきます。
TOFASを活用する3つのメリット
01
基礎に特化した学力の「評価」ができる
全ての学力の土台となる「基礎学力」は必要不可欠です。そして、教育を受ける子どもたちの環境が大きく変わろうとしている今、これまで以上にその重要性が高まると考えられます。実際、日本の保護者の96%は、「基礎学力」が子どもに必要な要素と考えており、「思考力」や「応用力」などを大きく上回る圧倒的な第一位です。TOFASは、基礎に特化したかたちで学力を正しく「評価」します。
最も必要である「基礎学力」を、
きちんと「把握」することが重要
FACT1-❶
日本の保護者の96%は、「基礎学力」が子どもに必要な要素と考えている。これは「思考力」や「応用力」などを大きく上回る圧倒的な第一位。世界11ヵ国においても「基礎学力」が最も必要不可欠と捉えられている
FACT1-❷
子どもの「基礎学力を把握している」と回答した保護者は、わずか59%。世界11ヵ国の88%にと比べ大幅に少ない。日本では4割以上の保護者が、子どもの基礎学力を把握していない実態
※スプリックス基礎学力研究所調べ
02
世界規模で基礎学力の「比較」ができる
小学校においては、グローバル化に対応するかたちで英語が教科化され、また、世界的なICT発展を踏まえプログラミング教育が必修化されました。教育でのボーダレス化が想定される中、世界11ヵ国の保護者のうち75%は「グローバルに学力を測定できる仕組みがあれば利用したい」と回答しています※。複数の国で実施するTOFASは、世界規模での基礎学力の「比較」が可能です。
基礎学力を、グローバルな視点から把握することが
これからの時代に求められる
FACT2-❶
6歳~15歳に実施した基礎学力調査(計算)の結果、日本は全体で4位。特に10歳未満では11ヵ国中9位となり、低学年層における基礎学力に懸念
FACT2-❷
世界11ヵ国の保護者のうち75%は「グローバルに学力を測定できる仕組みがあれば利用したい」と回答。国内に閉ざさない学力比較のニーズが顕在化
※スプリックス基礎学力研究所調べ
03
一人ひとりの基礎学力定着に必要な
「のびしろ」が分かる
TOFASは、正答率や合否結果に加え、受検データを分析し学力向上に必要な「のびしろ」をフィードバックします。分析結果を一人ひとり個別に可視化することで、基礎学力の確実な定着につなげていきます。
テスト結果を信頼せず、
向上の努力も無い中で、
子どもの基礎学力を
可視化することが求められる
FACT3-❶
日本の保護者のうち「学校のテストの結果をとても信頼する」と回答したのは46%。半数以上は、テストの結果を信頼しておらず、これは世界11ヵ国の結果、80%と比べても最低。
FACT3-❷
「子どもの基礎学力を向上させる努力をしている」と回答した保護者の58%は。世界11ヵ国では88%であり最も低い値。日本の保護者は、4割以上が基礎学力向上の努力をしていない
※スプリックス基礎学力研究所調べ